いよ!千両役者!

2019.12.09


12月8日

2週連続でのジムのサウナにて“ゴルフ観戦”になっちゃいました。
男子プロゴルフツアー最終戦、日本シリーズJTカップ最終日。
サウナで汗出し、すかさず水風呂で汗を流し、そして再びサウナへを
繰り返しの観戦はなかなか忙しいのだ・・。
しかし、サウナのTV画面が小さいのだ、それにゴルフのボールは
小さい、だから歓声が頼りになったりして。
首位から3打差の5位でスタートした石川遼さん、
7バーディー3ボギーの66で回り、通算8アンダーで並んだ
ブラッド・ケネディとのプレーオフを3ホール目で
バーディーを奪って制した。
今大会4年ぶり2回目の優勝で、今季は日本タイトル2勝を含む
3勝を挙げて通算17勝。
そして28歳82日の史上最年少で生涯獲得賞金10億円を突破した。
最高の形で2019年シーズンを終えた。
優勝を決めたパターの瞬間は、もともとサウナに入って汗だくなのに
“手に汗を握って”しまった(笑)。
選手会長をしながらのシーズンはどれほどの苦労があったのだろうか!
それでも「理想のスイング」を求めて精進する姿は
プロ中のプロそのものだ。
何しろ“華”があるのだ、そういう星の元に生まれて来たのだろう!
女子プロゴルフの盛り上がりに比べ、男子ツアーはやや低迷気味だ、
この状態をぜひ打破して欲しいものです。
来年の更なる飛躍を期待してやまないのだ。

RSS

Archives