栄冠は君に輝く!

2019.12.05


12月4日

今朝のスポーツ紙の一面に、昭和音楽史を代表する作曲家・
古関裕而さんが「2020年野球殿堂入り候補者」の特別表彰に
ノミネートされていることがわかった。
生涯5000曲ほど作曲したものの中に“野球応援歌“も多く、
その功績が認められての候補入りとなった。
高校野球ファンなら誰でも知っている「栄冠は君に輝く」の
作曲はあまりにも有名だ。
それでも知らなかった・・
まさかジャイアンツ応援歌「闘魂こめて」と
タイガース応援歌「六甲おろし」も作曲していたとは・・
ってことはドームの巨人・阪神戦でお互いのファンが声を枯らして
歌っていたお互いの応援歌は同じ作曲者だったということだ。
オーソドックスな中に躍動感あふれるメロディ・ラインは
唯一無二と云っても過言ではない。
「栄冠は君に輝く」は、ちょっとした思い出があって、2002年の
夏の甲子園大会での5回終了後のグランド整備中にこの曲の
”大友ヴァージョン“が流れたのだった。
ちょうど親父が入院中で、ベッドでこの歌を聞いてくれていたと
母から聞いたことがある。
20年スタートのNHK朝の連続テレビ小説「エール」は
古関氏がモデルの作品との事
これはまた楽しみが増えてしまったぜ!ぜひ見なければ!

RSS

Archives