サウンズ・グッド!

2020.06.29


6月29日

80年代後半、初のニューヨーク・レコーディング。
ドライヴの効いたナンバーのヴォーカル・ダビング(歌入れ)の
時だった。
やはり使い慣れた日本のスタジオと勝手が違って、
少々戸惑いながらの作業だった。
それでも自分なりにはかなりの手応えを感じ、
歌い終えたスタジオから、コンソール(調整ルーム)へ。
そこで、あらためてオケに乗せたヴォーカルを
大音量でチェックする。
“お〜〜〜良いじゃねえか!!!”
大満足で、アメリカ人のディレクターに感想を聞く。
すると「サウンズ・グッド」と答えが返ってきた。
おいおい何だよ・・
サウンズってことは演奏は良いってことか?
じゃ歌はどうなんだよってムッとしてしまった。
するとすかさず通訳の人が「違いますよ大友さん、サウンズ・グッド
というのは演奏も歌も最高に良いってことですよ」。
なんだそうかと一安心ってところでした。

話は変わって、待ちに待ったプロ野球が無観客試合ではあるが
やっとシーズンインとなった。
大歓声もない、管楽器や打楽器の応援もない、ビールの売り子の
黄色い声もない、それでも普通のゲームではなかなか聞くことが
出来なかった音に出会う!
豪速球がキャッチャーミットに吸い込まれた瞬間“スパーン”と
小気味良い音が響く。
アンパイヤの声がスタンドまで届く、特にストライクのコールは
スカッとするぜ。
そして、スラッガーたちの打球音!
まさに“カキ〜〜ン”なのだ。
ピッチャーが打ち取った時の打球音は“グシャ”と鈍い音がする。
両軍ダッグアウトからは、自軍選手への声援、ピッチャーへのヤジ、
ファインプレー時の拍手、まるで自分もそのグラウンドに
立っているような気持ちにさせられる。
ワクワクが止まらない!
まさに“サウンズ・グッド”そのものなのだ。

評判の味噌ラーメン!

2020.06.25


6月25日

午前05時少し前にグラっと来た。
まだ夢見心地だったこともあり、うつらうつらしながら
“あ〜〜少し揺れる時間が長いかな” くらいにしか思っていなかった。
それが目覚めてからネットニュースを見たら、
何と千葉県旭市付近で最大震度5弱の大きな地震だった。
関東一円のかなり広い地域で震度3から4という事だった。
東京でも震度2から3はあったらしい。
緊急事態宣言が解除されても、コロナ渦でまだまだ安心出来ない
状況下で大きな地震は本当に心配になる。
気象庁の発表によると今回の地震は‘11の東日本大震災の
余震だとのこと、9年前の大地震の余震とは・・
浅間山も警戒レベルが2に引き上げられた。
日本列島が各地で揺れている感じだ。

久々に外食にでも!と思って、歩いて行ける範囲内で
美味しそうなラーメン屋さんはないかと検索してみたら、
最近話題の味噌ラーメン屋さんを発見。
早速、足を運んでみた。
それほど近くはなかったが、散歩がてらって感じで行ってみました。
入り口は開けっ放しで、外の空気も入っていた。
すぐに店員さんに“お一人様づつアルコール消毒をお願いします”と
言われ、しっかりと手洗いして自販機にてチケット購入、
客席も間隔を開けての着席となった。
ほどなくして出てきたお店一押しの“味噌ラーメン”。
見た目はとても上品、工夫を凝らしたスープは絶品で、
期待に十分に応えてくれました。
“旨かったです”

DIY!

2020.06.19


6月19日

コロナ自粛にて在宅の日々が多くなっていて、
普段は出来なかったことを色々とやろうとしている
今日この頃です。
少し前にオーディオのスピーカーのウーファーの修理を
ブログに載せたりしました。
その後、網戸の張り替えもしました。
ネットに載っていた方法をそのまま実行して、
これは意外と簡単だったのだ。
そして、本日“障子の張り替え”にチャレンジ!
これもネットに載っていた記事を参考に進めました。
まずは修理に必要な“道具”を近くのホームセンターで購入
いや〜便利になったものだぜ!
そして作業へ
まずは障子紙はがし剤にて障子紙はがしへ、
これがなかなか効果的で、すーっと剥がせたりした。
そして残っていた部分を濡れ雑巾あたりで綺麗にしておく。
次に、貼る障子紙を仮押さえして“障子のり”を
それぞれの枠に塗って行く。
しかし、これがなかなか上手くいかない・・
スティック状のものはなかなか均等に塗れなかったりして・・
これは正直なところ刷毛を使った方が良いかもしれない!
貼ったあとは乾いてから、余分な部分をカットして完成へ。
障子カット用のカッターにカット用の定規?もあって
思っていたより良い感じに仕上がりました。
鬱陶しかった、穴だらけの障子がすっかり生まれ変わり、
実に気持ち良かったりして!

RSS

Recent Entries

Archives