12月に夏日?

2018.12.04


12月4日

早朝の天気予報では本日の最高気温は20℃を越えると言っていた。
いくらなんでもそれはないだろうと思っていたが・・
どんぴしゃだった、いやそれ以上だった。
日本列島に南から暖気が流れ込んだ影響で、全国各地で
季節外れの暖かさとなった(場所によっては暑さ・・笑)。
43都道府県328地点で12月の過去最高気温を更新した。
東京・練馬や福岡、徳島など66地点で25℃以上の夏日になった。
横浜でロケを終えて都内へ戻っている時、車のメーターパネルを見て
びっくり、なんと24.5℃を記録していた。
おいおいもう12月なんだぜ・・一体全体どうなっているんだ。
もっと凄かったのは車中のエアコンを冷房にしたことだ、
こんなことは今まで生きてきて(ちょいとオーバー)初めてだ。
とはいうものの、帰り道の銀杏並木の紅葉が見事だった。
抜けるような太陽の下、綺麗に色付いていたぜ!

VTRにて「M-1グランプリ」をじっくりと鑑賞。
またしても“和牛”は2位だった、これで3年連続?の準グランプリ。
安定していて安心して見れて期待通りの漫才を展開してくれたのに・・
個人的には非常に残念です。
グランプリの“霜降り明星”には他にはない新鮮さがあったか!
“かまいたち”も好きだったなあ。
まあ色んな意見や評価があって、それはそれで面白かった。
また来年が楽しみです。

デッドヒート!

2018.12.03


12月2日

東京よみうりカントリークラブで行われた
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、男子プロゴルフ・トーナメント
のシーズンを締めくくりにふさわしい激闘となった。
大混戦の最終日、勝負はトータル8アンダーで並んだ、小平智、
石川遼、ハン・ジュンゴンのプレーオフにもつれ込んだ。
ジムのランニングマシーンで一喜一憂しながら行方を見守りながら、
その一打一打に思わず声を出してしまったりして。
勝負となった18番パー3のプレーオフは場所を変えてサウナにて観戦。
サウナ・ルームはそりゃもう大騒ぎになっていた。
年配の方から「遼君、頑張れ!」と声が飛ぶ、通のゴルフ・ファンは
「こりゃ小平の勝ちだな!」聞き耳を立てているだけで面白かったり
して。
手に汗握る展開(ってサウナに入っているので全身汗だらけ・・笑)
になかなかサウナから出れずでヒィ〜〜〜。
結果、難しいグリーンを読み切り、確実に2パットのパーで上がった
小平智が優勝を飾った。お見事でした。
今年から選手会長になり、プレー以外でも大忙しだった石川遼君に
ぜひ勝って欲しかったが・・出だしのダブルボギーが痛かったか?
ゴルフにも人生にも“たられば”はないのだが、惜しかったなあ。
近年、男子プロゴルフツアーの人気が低迷している。
毎年試合数が減っている状況だが、プロの技と熱気と執念を
今こそ見せて欲しい。

師走です。

2018.12.02


12月1日

今日から12月です。
今年も泣いても笑ってもあと1ヶ月となりました。
そして本日も穏やかな晴天に恵まれ、気温も高めで
とても“師走”といった感じがしません。
そして関東地方では今シーズン強い北風が吹いてなくて
東京地方の「木枯らし1号」の発表がないまま11月が終了。
というわけで、今年は1979年以来39年ぶりに“吹かず”
となりました。
この先もしばらく気温が高めの状態が続きそう
一体ガツンと寒い冬はどこへ行ってしまったのだろう。

先日、とっぷりと日が暮れて夜の帳が下がった帰り道、
急に神宮外苑の銀杏並木が見たくなり、ちょいと遠回りして
向かう。ところが何と、道路を通行止めにしていて、
歩行者天国になっていた。
それでも渋滞をしていたので、ゆっくりと眺めながら
通り過ぎることが出来た。
すっかり色づいた銀杏並木がライトアップされ、
それはそれは綺麗すぎだったぜ!
生憎、運転中だったので“写真”を撮ることが出来なかった。
それでも都内各所ではライトアップのスポットがたくさん有り
仕事の移動で色々と見れそう。

広島からFA宣言をしていた丸佳浩選手が巨人への移籍を発表。
本人もかなり悩んでの決断だったようだ。
これで巨人も変われるか?
来シーズンは久々にわくわくさせてもらえそうか!

RSS

Recent Entries

Archives