4の字固め

2019.03.10


3月9日

力道山やジャイアント馬場のライバルとして知られる
伝説の覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤーさんが
米ニューヨーク州北部バファローの自宅で死亡した。
88歳だった。
別名「白覆面の魔王」とも呼ばれ、その後続々と登場する
“覆面レスラー”の元祖とも言える人だった。
‘63年05月に行われたWWA世界ヘビー級王座決定戦、
力道山との世紀の一戦のテレビ平均視聴率は、
なんと64%をマークした。
今の時代では信じられない数字なのだ。
プロレス第1期黄金時代の立役者の一人だった。
全日本プロレスに所属、70年代はブッチャーやマスカラスと
名勝負を展開、馬場やジャンボ鶴田とタッグを組み人気を博した。
そして、忘れてはならないのが、日本テレビのバラエティー番組
「金曜10時!うわさのチャンネル!!」。
せんだみつお、和田アキ子、徳光和夫アナウンサーとの掛け合いで
お茶の間の人気者になった。
得意技「4の字固め」をかけられた徳光さんがマジで悲鳴をあげたり
和田さんに作り物の“まむし”を差し出したものの、それを「むまし」と
言ってしまった事とかが昨日のことのように思い出された。
この「4の字固め」、俺たち世代は小学校の教室で
みんなと掛け合ったものだ。
これが決まると本当に痛い。
ところが裏返しになると今度は掛けた方がダメージを受ける。
あ〜〜懐かしいなあ!
平成ももうすぐ終わってしまうが、また“昭和の大スター”が
天国へ行ってしまった。

RSS

Archives