今年の漢字

2018.12.13


12月13日

その年の世相を表す漢字一文字、2018年は「災」となった。
ちょうど大阪での生番組中に決定、その映像もしっかりと
見届けさせて頂きました。
清水寺の森清範貫主さんが、いつもながらの達筆にて
一気に書き上げておられました。
いつ見ても力強く美しい文字でした。
番組の中でも色々と候補が挙がっていましたが
なんとその中に“災”の字が入ってました、う〜〜ん流石です!
19万3214票の応募のうち、2万858票が「災」だったそうです。
列島を襲った地震、豪雨、台風、猛暑などの自然災害の脅威を
痛感した年でした。
そして、財務省の文書改ざん発覚や仮想通貨流失にスポーツ界の
不祥事など、人災ともいえる出来事もたくさんあった。
そういう意味では「災」の一文字は納得といったところか。
「金」という字は‘00、‘12、‘16と複数回ありましたが
「災」も2004年に続いて2回目らしいです。
「金」は何回登場しても良いですが、「災」はできればもうあまり
出てきて欲しくないですなあ。
来年は、ぜひ「輝」とか「幸」とかになって欲しいものです。
兎にも角にも、いつだって一日いちにちを大切に生きる事から
始まるのです!

RSS

Archives