デッドヒート!

2018.12.03


12月2日

東京よみうりカントリークラブで行われた
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は、男子プロゴルフ・トーナメント
のシーズンを締めくくりにふさわしい激闘となった。
大混戦の最終日、勝負はトータル8アンダーで並んだ、小平智、
石川遼、ハン・ジュンゴンのプレーオフにもつれ込んだ。
ジムのランニングマシーンで一喜一憂しながら行方を見守りながら、
その一打一打に思わず声を出してしまったりして。
勝負となった18番パー3のプレーオフは場所を変えてサウナにて観戦。
サウナ・ルームはそりゃもう大騒ぎになっていた。
年配の方から「遼君、頑張れ!」と声が飛ぶ、通のゴルフ・ファンは
「こりゃ小平の勝ちだな!」聞き耳を立てているだけで面白かったり
して。
手に汗握る展開(ってサウナに入っているので全身汗だらけ・・笑)
になかなかサウナから出れずでヒィ〜〜〜。
結果、難しいグリーンを読み切り、確実に2パットのパーで上がった
小平智が優勝を飾った。お見事でした。
今年から選手会長になり、プレー以外でも大忙しだった石川遼君に
ぜひ勝って欲しかったが・・出だしのダブルボギーが痛かったか?
ゴルフにも人生にも“たられば”はないのだが、惜しかったなあ。
近年、男子プロゴルフツアーの人気が低迷している。
毎年試合数が減っている状況だが、プロの技と熱気と執念を
今こそ見せて欲しい。

RSS

Archives