松坂オメデトウ~

2007.10.30


10月29日

ワールドシリーズはレッドソックスがロッキーズを4タテのスイープで
圧勝!強かったよなあ!
大味な打撃戦も良し、接戦の投手戦も良し、実にバランスの取れた
チームだった。
ロッキーズもレギュラーシーズン終盤の驚異的な追い上げは見事。
なんと言ってもリーグ優勝を決める1ゲームマッチで、延長戦に
持ち込まれ2点リードされたその裏に3点とってのサヨナラ勝ちは
まさにアッパレそのものだったぜ。
絶好調だったが、ワールドシリーズまで8日間空いてしまったのが
大きかったか・・・それにしてもバッターの大振りばかりが目立ったなあ
松井稼頭央は一人頑張っていたけど。

松坂君とは以前「Do it」という曲でコーラスに参加してもらったことが
あった。まさに好青年そのものでした。
1億ドルかけて補強したピッチャーということで、本人は相当プレッシャー
があったと思うけど、たいしたものだ。
固いマウンド、滑るボール、時差がある国での過密な移動、降雪から
炎天下の気象変化の過酷さ、なによりも辛口なメディア報道
そんな中で数字的には不満が残ったかもしれないが、レッドソックス
先発陣のなかで唯一ローテーションを守ったのは“立派”そのもの
まさに“無事これ名馬”の見本でしょう。

しかし、腹立たしいのは審判の明らかな“差別判定”
松坂の生命線のアウトコースには特に厳しかった
それでも顔色ひとつ変えない松坂には頭が下がるぜ
来年は完全にメジャーベースボールにアジャストして、本当のチカラを
見せつけてやれ!

とにかく、岡島も含めて、日本野球の質の高さを証明出来て、鼻高々だぜ!

RSS

Archives