マーク・ラファロ

2015.02.27


2月26日

つい先日、前から見たかった映画「はじまりのうた」を
渋谷シネクイントで午前の第一回上映にて鑑賞。
音楽がど真ん中の映画を観るのは久々な気がする。
キーラ・ナイトレイの弾き語りがなかなかだったぜ、その彼女を
デビューさせようとする“ポンコツ・ディレクター”役が「アベン
ジャーズ」「キッズ・オールライト」のマーク・ラファロで
これが良い味出してました。
終演後、次に見たい映画が銀座でやっているので速攻で移動!
のつもりだったが、シネクイントのあるパルコ・パート3の
すぐ向かいにシネマライズがあり、気になっていた作品
「フォックスキャッチャー」を上映していた。
これはなにかの縁か、いや渡りに舟だなあと思い、入ってしまった。
アメリカのある財閥の御曹司がオリンピックのレスリング金メダリスト
を殺してしまうという衝撃の実話を映画化したもの。
コメディ俳優のスティーヴ・カレルの役への成り切りに
唖然とさせられた。
そしてなななんと、前の映画で“さえない男”を演じていたマーク・
ラファロが筋肉隆々のアマチュアレスラーに変身?していた。
まったく違うキャラクターを同時期に見てしまった。
あらためて、ハリウッド俳優の役への取り組み方のストイックさに
脱毛・・いや脱帽でした。

最近、車を洗えば翌日が雨だったり、天気予報を信じてデカめの傘を
持参して出かけたら晴天のままだったり、ポカポカ陽気にさそわれて
薄着でいたら夕方からガッツリ冷え込んでしまったり、なにかと裏目な
事が多かったから、ちょいとだけ得した気分になったりして!

RSS

Archives