夏の終わり

2019.08.23


8月22日

夏の甲子園大会が終わった。
始まった時は2週間以上あって、ほぼ毎日朝08時から大好きな
高校野球が見れるぜって喜んでいたが(まあドラマ撮影で
3分の2も見れなかったが・・)、あっという間に決勝戦を
迎えてしまった。

北陸に初の大旗がはためくか!
星陵の豪腕・奥川君に履正社の強力打線が挑む!
準決勝で87球投げて、中1日での登板。
ちょいと体が重そうだった。
ストレートの球速表示は150キロを越えていたが
ややキレを欠いてる感じでしかも変化球が高めに浮いていた。
それを逃さず、履正社の4番・井上君の一発などで奥川君に
襲いかかった。
3−3の同点に追いつかれた次の回に突き放して、5−3で履正社が
見事に初優勝を飾った。
センバツで、毎回の17奪三振を奪われ完封負けした悔しさを胸に
どれほど振り込んで打ち込んで来たのだろうか!
タラレバはないのだが、もしも奥川くんが智弁和歌山戦のような
投球が出来ていれば・・と悔やんでもみるのだが・・

あ〜〜〜終わってしまった。
甲子園が終わると、一気に夏が走り過ぎてゆく感じがする。
特に今日は東京で30日ちかく続いていた夏日が止まった。
風の匂いは少し秋めいていた。

またもや、東北・北陸の全国制覇はならなかった。
野球の神様は“この地域”にちょいと厳しいよなあ(笑)
さあまた来年だ!
秋季大会から始まるのだ、次は明治神宮大会だな!

RSS

Archives