THE MUSIC DAY 2018

2018.07.07


7月7日

日本テレビの音楽イベント参加のため千葉・幕張メッセへ。
午前中からリハーサルで大わらわ・・
会場では、さとう宗幸さんが「青葉城恋歌」を歌っていた。
早速楽屋訪問へ、変わらぬ笑顔で迎えてくれました。
同郷の先輩に会えてホッとした気持ちになったりして。
ステージのバックヤードに前川清さんが居てご挨拶
大阪MBS「ちちんぷいぷい」では同じコーナーを担当するも
お会いしたことがなかったので、ちょうど良かったです。
こちらも溢れんばかりの笑顔で応対してもらいました。
そして、バタバタと生本番へ!
バックステージにてまずはサンプラザ中野さんとすれ違いざまに
ハイタッチ。
続いて鈴木・マーチン・雅之さんとつかの間の談笑。
彼のナンバーでも大好きな「ガラス越しに消えた夏」を
熱唱していた、相変わらずのソウルフルな歌い方に
高音も綺麗に伸びていた。
常に歌い込んでいないとこうはいかない、流石です。
「ハスキーヴォイス・コーナー」に出演
ffをがっつりシャウトさせていただきました。
中村あゆみさんもいつもと変わらぬハスキーさで名曲を披露する。
大先輩のもんたさんも気さくに話しかけてくれた。
同じ時代を走ってきた仲間たちと一緒の出演は
まるで「プチ同窓会」のようでした。
追伸「お弁当!美味しかったっす!!」

サムライ!散る・・

2018.07.03


7月3日

サッカーワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント
1回戦3日目。
日本時間23時からブラジルVSメキシコ戦
前半0−0で折り返すも後半は力の差を見せつけて2−0で
優勝候補らしい戦いを見せてブラジルがベスト8進出へ。
そこから仮眠を取って、いよいよ午前3時から
日本VSベルギー戦へ。
日本はしっかり守って、カウンター攻撃でチャンスを作るも
前半は0−0と上々の出来だったか!
後半に入り鮮やかな攻撃を見せた、03分柴崎の縦へのスルーパスを
受けた原口がゴール左隅へ見事な先制ゴール!
興奮冷めやらぬ中07分、乾が目の覚めるようなゴールを決めた。
2−0になった時点で見ている方も浮足立ってしまった。
もう1点取れば確実に勝てるのではないか?
そう思った矢先、ベルギーに立て続けに2点を奪われ同点に。
そこから一進一退、延長戦だろうなと思ったアディショナルタイム
日本が攻め続けていた終了寸前にカウンターにて決勝点を決められ
万事休す。
さすがタレント集団ベルギーでした。
予選リーグ最多の9得点を挙げていて、しかも何と‘16から一度も
負けていない“最強軍団”をあそこまで追い詰めたのは日本だけだ。
悔しい、本当に悔しい、でも選手たちはもっと悔しいだろう。
それでもこちらは心底楽しませてもらった。
このワクワク感にドキドキは日常ではなかなか味わえない
ものがあった。
希望や諦めない不屈の闘志を見せてもらった!
ありがとうサムライ・ジャパン、胸を張って帰ってきて欲しい!

梅雨明け!

2018.06.30


6月29日

まだ06月だというのに、ふた晩続けての熱帯夜でした。
日中はいくら暑くても夜は過ごし易かったのに何という事だ、
寝苦しいのなんの大汗かいての目覚めはたまらんぜよ・・

という事で、気象庁は29日、関東甲信越地方が梅雨明けしたと
みられると発表した。
昨年より7日早く平年より22日早いそうだ。
昨年に続き、2年連続で九州より早い関東の梅雨明けとなった。
ちなみに東京は昨日まで4日連続の真夏日となっており、
もちろん本日も暑いまくり、今後1週間先まで最高気温が30℃を
越える日が続くらしい。早くもウンザリ・・
ロケの仕事で行った水曜日の京都の蒸し暑さも半端なかったです。
暑さの質が違う感じがした。

熱戦に番狂わせもありの、サッカーワールドカップ・ロシア大会も
1次リーグが全て終了し、ベスト16が決定した。
日本が決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦、試合最中に
突破チームの条件が目まぐるしく動く中、日本は負け覚悟の
パス回しという苦渋の賭けに出た。
0−1でポーランドに敗れたものの、勝ち点・得失点差で並んだ
セネガルに、警告ポイント差2で辛くも勝ち抜け決定となった。
この結果と試合内容は賛否両論、けんけんがくがくの大騒ぎに
なっている。
ほとんどの解説者たちは3戦全敗で、1次リーグ敗退と言っていた。
しかし、そんな下馬評を覆す熱い戦いを繰り広げた日本代表は
紛れもなく称賛に値するのではないか!
次のベルギー戦での戦いに期待したい!

RSS

Recent Entries

Archives